生理検査部

心電図検査(安静時12誘導)

心電図検査

心電図とは、心臓から発生する小さな起電力を増幅して記録したものです。不整脈、狭心症、心筋梗塞など多くの情報を提供します。ベッドに仰向けになり、両手・両足首の4ヶ所、胸部の6ヶ所に電極を付け、短時間で痛みを感じることなく簡単に検査ができます。

運動負荷心電図検査

トレッドミル

運動による負荷を加えることで、安静時には発見しにくい狭心症や不整脈などを発見するためのものです。当院では「マスター二段階負荷試験」・「トレッドミル検査」を行っています。
マスター二段階負荷試験は二段の階段を一定時間昇り降りして頂き、運動前後の心電図を記録し比較を行います。検査時間は10分程度です。トレッドミル検査は予め電極・血圧計を装着し、医師の立会いのもとでベルトの上を歩行・走行をしていただき、運動開始時から終了後まで心電図・血圧を連続記録し比較を行います。検査時間は15分~30分程度です。

ホルター心電図

ホルター心電図記録装置

日常生活あるいは労作中の心電図を約24時間記録し、解析を行います。一過性あるいは発作性に出現する心電図変化をとらえるのに有効な検査です。小型の記録器を携帯し、普段通りの生活をしていただきますが、お風呂(シャワー)に入れない、あるいは電気毛布を使用できない等の生活制限があります。また、記録器を装着し外すための所用時間はそれぞれ5分程度ですが、2日間来院していただきます。

動脈硬化検査(PWV/ABI)

日本の三大死因は「がん」、「脳血管疾患」、「心疾患」です。なかでも脳血管疾患と心疾患は、いずれも血管の壁が厚くなって弾力性が失われ、血管が劣化したり狭くなったりしてしまう「動脈硬化」が原因です。動脈硬化を放っておくと脳出血(くも膜下出血)、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症などを引き起こす可能性があります。
実際の測定にかかる時間は5分程度で、両手両足の4箇所の血圧を測定します。ほとんど痛みを感じる事はありません。PWVとABIを同時に測定し、血管の硬さと狭窄を知ることができます。

PWV(脈波伝播速度)
血管が硬い程、その速度は速くなります。
ABI(上腕と足首の血圧比)
足首と上腕の血圧比を測定することで血管の狭窄の程度が分かります。

肺機能検査

指定のマウスピースを口にくわえて、息を吸い込んだり吐き出したりして検査を行います。この検査で分かる項目は、肺活量と1秒率です。

肺活量
最大吸気(できるだけ深く息を吸い込む)に引き続き、最大呼出(できるだけ多くの息を吐き出す)を行うさいに吐き出される空気の量のことです。
低下すると、肺線維症、肺炎、肺がんなどが疑われます。
1秒率
最大呼出努力での測定のさいに、最初の1秒間に強制呼出させた量のことです。
低下すると、COPD(慢性気管支炎、肺気腫)、喘息などが疑われます。
COPDイメージ

COPDとは、気道の慢性的な閉塞により空気の流れが悪くなる病気の総称です。具体的な病名としては、肺気腫と慢性気管支炎のふたつが挙げられます。主な症状には咳、痰、息切れなどがあります。また、COPDは別名「タバコ病」と呼ばれ、20年間以上にわたる大量の喫煙が最大の原因です。COPDの患者さんの95%に喫煙率があります。WHOによると、2005年には世界中で年間300万人もの命がCOPDにより失われています。

超音波検査

超音波検査画像

超音波検査とは、ヒトの耳では聞くことのできない音のことです。この超音波を体の中に送り、やまびこのようにはね返ってきた音をコンピュータ処理し、テレビモニタ上に画像として表示します。止まっているものだけでなく、動いているものや血液の流れもリアルタイムで観察できます。音を使った検査なので体には全く害はありません。繰り返しお受けいただいても安心です。また妊娠されている方でも安心してお受けいただけます。

超音波検査でわかること

腹部(肝・胆・膵・腎・脾)
脂肪肝、肝腫瘍、胆嚢ポリープ、胆石、腎臓結石など
各臓器の大きさや、形態、内部性状、腫瘤の有無などを観察します。
乳腺
乳がん、乳腺症など
検査による痛み、レントゲンの被爆がありません。マンモグラフィで診断の難しい30歳~40歳代の方に、特に適した検査です。視触診で見つからない小さな病巣・がんも検出します。
頚動脈
頚動脈血管壁の厚さ、血管のつまり具合など
頚動脈は脳に流入する重要な血管で、首の左右両側にあります。近年、頚動脈の病変が全身の動脈硬化の程度を反映していることがわかってきました。体表から浅いところにあるため観察しやすく、動脈硬化症の評価のひとつとして注目さている検査です。
甲状腺
慢性甲状腺炎、腫瘤性病変など甲状腺など
体表に近い臓器は触診でもある程度の診断が可能ですが、超音波検査を用いることで診断の精度がより向上します。また、対象となる病変が小さいため、CTやMRIよりも有用な場合が多くあります。
心臓
心筋梗塞およびそれに伴う合併症 、僧帽弁逸脱症 、大動脈弁狭窄など
心臓の形や大きさ、心筋の厚さ、弁の形態、EF(左心駆出率)、圧較差の測定(Mモードなど) 、弁や心筋の動態 異常血流の有無(ドプラ法など) 、先天性心疾患の有無などを観察します。
その他、下腹部(膀胱・前立腺・子宮・卵巣)、消化管、体表(脂肪腫など)、深部静脈なども実施しております。