内視鏡部

当院内視鏡部門は、胃内視鏡、大腸内視鏡、カプセル内視鏡、胆道鏡で食道・胃・小腸・大腸、胆道などの消化管を分担して観察し、出血・炎症・潰瘍・腫瘍等の病気を発見・治療する体制をとっています。

胃内視鏡は、細い経鼻内視鏡1)を用いて患者様の苦痛を軽減して広く食道・胃・十二指腸を観察いたします。また特殊光2)や色素を用いて小さな病変も逃さないように観察し、小さな癌病変には内視鏡治療3)を施します。食道静脈瘤や出血性胃潰瘍の止血治療4)を行います。胃瘻造設や胃瘻交換も施行致します。

内視鏡超音波検査で腫瘍の深達度診断や粘膜下腫瘍の診断を行います。

大腸内視鏡も苦痛の少ない挿入方法を用いて大腸全体を観察いたします。検査に不安のある方には鎮静剤を用いた対応が可能です。小さなポリープは日帰り5)でも治療いたします。早期の大腸癌に対しては、胃と同様に内視鏡下にお腹を切らずに治療することが可能です。

カプセル内視鏡6)は、胃内視鏡でも大腸内視鏡でも観察できない小腸を、苦痛なく観察し病変を探索します。

胆道鏡7)で高齢者まで胆管結石の治療を致します。側視鏡8)で胆管結石・胆道腫瘍の診断、閉塞性黄疸のドレナージ9)治療を致します。

消化管以外では、気管支鏡10)で肺がんや結核等の専門的な診断を致します。

以上、総合病院クラスにも負けないくらい幅広い内視鏡診療体系をもって、経験豊富な医師が担当しております。そして優しい内視鏡技師(看護師)が対応いたします。

当部門は学会認定施設11)です。

  1. FUJINON社,OLYMPUS社製内視鏡を使用
  2. NBI、FICEを装備
  3. 内視鏡下に、粘膜の下に注射をして病変部を切除(EMR、ESD)
  4. EVL、HSE注入、クリッピング、APC等
  5. 大きさや個数の制限があります。治療状況によっては入院となることがあります。
  6. 朝飲み込んで、病院から外出可能。夕方測定機械を回収して分析します。結果は後日。
  7. 経皮経肝でチューブをサイズアップし、その経路から胆管内へ内視鏡を挿入し、観察・生検・採石等を行います。
  8. 通常の内視鏡観察窓が正面にあるのに対して、側面にあることで十二指腸乳頭部の観察が可能。
  9. ERBD、ENBD、ステント等
  10. 観察や洗浄細胞診等を行い確定診断いたします。
  11. 日本消化器内視鏡学会;指導施設、日本呼吸器内視鏡学会;関連認定施設