神経内科

診療体制

 
午前

中村9:00~

午後

中村受付16:30まで

診療内容

脳梗塞、脳出血等の脳卒中から各種内科疾患に伴う神経障害など、神経内科的疾患全般にわたる医療を提供します。
よく神経内科はわかりにくいといわれます。科の名称が紛らわしいためと思いますが、特に間違えられやすいのが精神科、精神神経科、神経科、心療内科などです。
神経内科はこれらの科と異なり、精神的な問題からではなく、脳や脊髄、神経、筋肉に問題があり、体が不自由になる病気を扱います。
主な症状としては頭痛、もの忘れ、手足のしびれ、うまく力が入らない(脱力)、しゃべりにくい・呂律が回らない、物が二重に見える(複視)、めまい・ふらつき・歩行障害、けいれん・気を失う、勝手に手足や体が動いてしまう・ふるえ(不随意運動)・筋硬直、意識障害などです。
代表的な病気としては脳卒中、頭痛(片頭痛・緊張型頭痛など)、認知症、てんかん、パーキンソン病、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症、運動ニューロン病、髄膜炎・脳炎、末梢神経障害、重症筋無力症、多発性硬化症、ギラン・バレー症候群、むずむず足症候群などがあります。
また眼瞼けいれん、顔面けいれんに対するボツリヌス毒素の局所注射療法も外来で行っていますのでお気軽にご相談ください。