眼科

診療体制

 
午前

小笠原9:00~10:30

小笠原9:00~11:30

小笠原9:00~11:30

藤山9:00~11:30

小笠原9:00~11:30

小笠原第1・3・5週

獨協派遣医師第2・4週
9:00~

午後受付16:30まで

小笠原

小笠原

藤山

小笠原

診療内容

外来では眼科領域全般の診断と治療、外来小手術、眼鏡処方、レーザー治療などを幅広く行っています。
当院は蛍光眼底造影検査機器、光干渉断層計(OCT)機器、角膜形状解析(前眼部OCT)機器をはじめ、あらゆる機器においてほぼ最新の設備を備えています。
高い検査精度のもと、的確な診断と治療を提供します。医師は1診制で診療しており、外来スタッフの充実と連携により、患者様の待ち時間の負担を軽減し快適な受診を目指しています。
手術は白内障手術をメインに行っており、翼状片、眼瞼部腫瘍などの外眼部手術や加齢黄斑変性症に対する硝子体注射にも対応します。
以前から近隣の医院はもとより大学病院(獨協医科大学、自治医科大学、東京慈恵会医科大学)との連携もスムーズに行っており、軽度な目の症状から特殊な疾患まで、患者様の期待にそえる診療体制が充実しています。

眼科を受診される患者様の症状は本当にさまざまです。お困りの内容をなんでもお話し下さい。
目は特別精密な機能を持つ器官の一つです。疾患内容によっては完全な治癒は難しい場合もあり、満足できる結果にならないこともありますが、ひとつひとつお困りの症状について解析します。
私たちは年齢や生活動作環境を踏まえた、日常生活における必要な視機能を個別に想定し、患者様にご納得いただける診療を進めてまいります。
目はその複雑性にも関わらず機能低下を比較的起こしにくい器官です。
しかし、機能が低下すれば生活に大きく影響してしまいます。当院では疾患治療だけでなく、目の健康と快適さの維持のために気をつけていただくことをお伝えしたいと思っています。
一度、目の定期検査を行い異常がなければ半年から数年は変化が起きないことがほとんどです。定期的な視機能チェックをお勧めします。

対象疾患

  • 手術:
    白内障(入院、外来手術ともに対応)、翼状片、眼瞼(がんけん)腫瘍、黄斑変性症(硝子体注射)
  • 通院治療:
    白内障、ドライアイ、緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性症、眼瞼痙攣(けいれん)・片側顔面痙攣、ほか
  • 健診(眼科受診時)、セカンドオピニオン:
    一般眼科検査、白内障の手術適応有無、緑内障診断、ほか