消化器外科

診療体制

 
午前

青木

今井

熊野

今井

青木

石井

新庄

熊野

消化器外科担当医

午後

小堀

砂川

砂川

診療内容

当院の外科は患者さんが受診しやすい様に、消化器外科、大腸肛門外科、一般外科、乳腺外科と標榜がありますが、消化器外科を中心に人的なリソースを共有し運営されています。
従って消化器外科の診療範囲は、消化器系(消化管及び肝胆膵)を中心として婦人科を除いた腹腔内臓器全般の疾患を担当し、一般外科、乳腺外科も診療範囲としています。
当科の外来に来られた全ての患者さんは、外科、消化器外科の専門医、あるいは指導医資格を持った外科医師が責任を持って外来診療をいたします。
また、外来化学療法やセカンドオピニオンの受け入れにも対応しています。
尚、乳腺の外来診療に関しては乳腺外科を受診して下さい。

対象疾患

  • 悪性腫瘍:食道癌、食道胃接合部癌、胃癌、原発性肝癌、転移性肝癌、胆嚢癌、胆管癌、ファーター乳頭部癌、膵臓癌、副腎悪性腫瘍他。 但し、上縦郭廓清を必要とする食道癌は他施設を紹介しています。
  • 良性疾患:消化管穿孔、食道裂孔ヘルニア、逆流性食道炎、腸閉塞、消化管間質腫瘍(GIST)、消化管神経内分泌腫瘍、虫垂炎、症状を伴う各種肝良性腫瘍、胆石、総胆管結石、胆嚢ポリープ、膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)、粘液性嚢胞腫瘍(MCN)、漿液生嚢胞腫瘍(SCN)、膵神経内分泌腫瘍、機能性副腎腫瘍、鼠径ヘルニア、大腿ヘルニア、臍ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア、尿膜管遺残症他。