消化器内科

診療体制

 
午前

平嶋勇人

中道

渡邉 博

阿部康弘

消化器担当医

午後

横山健介

渡邉博

平嶋勇人

牛尾純

診療内容

消化器内科は大きく分けて消化管部門と肝胆膵部門に分かれます。
消化管部門に関しては、特に内視鏡検査・治療を重点的に力を入れており、内視鏡件数は関東で屈指の病院となっております。
昨今の癌治療は早期の段階での発見・治療が課題となっており、特に消化管領域に関しては内視鏡治療のみで根治が可能なケースも多くなってきております。
当院では健診・ドックの内視鏡に関しても消化管部門の内視鏡医が主に担当しており、より安全で楽なスクリーニング内視鏡、積極的なピロリ菌感染胃炎の発見・除菌、確実な内視鏡的治療を中心に診療にあたっております。
また、当院の急性期病院という側面にも積極的に関わり、幅広く腹痛・吐血・下血などの急性期疾患への対応や、胃もたれ・心窩部痛などの機能性胃腸障害、更には地域病院との連携を通じて慢性期患者への胃瘻造設・中心静脈栄養ポート留置などの栄養管理治療も行っております。
肝胆膵分野に関しては当院常勤医に加え、自治医科大学より牛尾先生にお越しいただき、県内の基幹病院とも密接な治療が出来る環境で診療にあたっております。

対象疾患

  • 早期消化管癌の内視鏡治療(食道ESD・胃ESD・大腸ESD・EMR)
  • 進行消化管癌の抗癌剤治療
  • 外来化学療法
  • 出血性胃潰瘍・十二指腸潰瘍・吐血・下血などの緊急内視鏡止血術
  • 胃瘻造設
  • 中心静脈栄養ポート留置術
  • 肝硬変
  • 肝硬変に伴う食道静脈瘤治療治療
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)
  • 外来での分子標的薬治療の実施(レミケード投与など)
  • 慢性膵炎
  • 膵癌
  • 総胆管結石
  • 大腸ポリープの切除(EMR) 出血のリスクの少ない患者様・・・外来での切除・当日帰宅も可能です。 出血のリスクの高い患者様・・・・一泊入院での切除
  • 腸閉塞
  • S状結腸捻転症解除術