肝臓科

診療体制

 
午前

今井

今井

午後

今井

診療内容

当院肝臓科は内科疾患、外科疾患を含めすべての肝臓病の診療を一元的に行っています。特にC型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルスによる慢性肝炎・肝硬変患者の抗ウイルス療法(肝炎を鎮めるだけでは無く、ウイルスを消す方法)を積極的に導入しています。これらのウイルス感染を発生母地とした肝臓癌患者さんの治療後にも、肝臓がん再発の確率を低減するため、遅滞無く抗ウイルス療法を施行しています。肝臓癌の患者さんには肝予備能力、腫瘍の大きさ、個数、存在部位等に応じて、手術、経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)、肝動脈化学塞栓療法(TACE)、全身化学療法のそれぞれの治療法を患者さんとその御家族によく説明し、何れかの治療法を選択していただいています。
最近では非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)の患者さんも増加しており、特に非アルコール性脂肪肝炎(NASH)からの肝硬変、肝臓癌の症例も見られる様になってきましたので、肥満・メタボリック症候群とつながる肝疾患の診療にも力を入れています。その他、重症肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変など肝臓病全般について積極的な治療を行っています。

対象疾患

  • C型肝炎
  • B型肝炎
  • 原発性肝癌
  • 転移性肝癌
  • 肝硬変
  • NASH
  • NAFLD
  • 自己免疫性肝炎

但し、集中治療室(ICU)管理が必要となる劇症肝炎、遅発性肝不全(LOHF)の治療は管理可能な病院を紹介しています。