一般外科

診療体制

 
午前

午後

診療内容

当院での一般外科診療は、外科単独の外来診療科はありません。外科系外来担当医は、外科の各専門領域をもちながら一般外科診療にあたっております。外来での処置が可能な一般外科疾患から、入院が必要となる乳腺・呼吸器疾患・消化器疾患等の初期診断、治療を担当しています。

対象疾患

一般外科の対象疾患としては、擦り傷、切り傷、熱傷(局所のみ)の1次治療を行っております。創治療以外にも、粉瘤の治療、体表リンパ節生検、甲状腺穿刺細胞診検査、ソケイヘルニア・大腿ヘルニアの治療を行っております。
また、形成外科および血管外科の併設がありますので、初期診療を通して各専門領域担当医への連携を担っております。専門領域の提示されていない領域の疾患としては甲状腺手術を行っております。